calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

植物に癒される

母の日に嫁さんにプレゼントした

観葉植物ですが、あまりにも可愛らしいので

 

自分の部屋に飾ってしまいました💦

 

植物

鉢を手に取って眺めていたら、

うっかり落としてしまい、

傷んでしまったかと、心配しましたが、

葉落ちや変色することもなく元気に

育ってくれています。

 

植物は癒しの効果があるのでしょうかね。

 

眺めながら血圧を測定すると

低くになります。

 

野菜の苗もすくすく育っています。

 

元気をもらって明日も頑張ります。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 


米麹造り

清酒が造られる過程からのつながりで

麹造りです!

 

前のブログでも何度かお話しましたが、

アルコールが造り出されるには

ます、酵母という微生物が、

ブドウ糖を食べて、アルコールと炭酸ガスを

造り出します。

 

ワインの原料である葡萄は、その物が

ブドウ糖ですから、そのまま

アルコールを造り出せます。

 

一方お米は、でんぷん質なので

酵母は食べれません。

 

そこで、このでんぷん質を

ブドウ糖に変えてあげる作業が

必要になります。

 

そのきっかけになるのが、

麹造りです。

 

ワインは葡萄作りに重きを置きます。

 

いかにいい葡萄を作るかで

ワインに大きな影響を与えます。

 

日本酒の場合は、いかにいい麹を造るかです。

 

ただし、この麹の甘さでアルコールを造るのではありません。

 

麹のすごさは、麹が持つ「酵素」という力で

何もしていない、蒸して冷ました酒米を少しずつ溶かしながらブドウ糖に変えてくれるのです

 

お酒造りに使用する配分は、麹米が2割、

蒸して冷ました掛米が、8割です。

 

この8割を時間をかけて溶かしながら

ブドウ糖に変えていくのです。

 

ですから、酵素力の強く、いかに

優れた麹を造り上げるかが重要なのです。

 

米麹造りは、精米した酒米を蒸して冷まし、

室温30度の杉板に囲まれた清潔な部屋で

行われます。

 

金鶴麹造り

冬場なのにこの部屋だけは常夏です。

 

皆さん半袖ですね!

 

麹造りとは、製まして蒸して冷ました酒米に

カビの一種である麹種を植え付けます。

 

麹種は種類があって、日本酒には黄麹菌という

種類の麹を使います。

 

因みに焼酎は、黒麹菌や白麹菌を使います。

 

麹菌が生きていくには酸素が必要ですので

タンクの中ではつくれません。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


出前の美味しさ

食堂の味を数か月ぶりに出前で味わいました!

 

七福食堂さんの味噌ラーメン。

 

注文してすぐに、おやじさんが、車で配達して

くれました。

 

七福食堂さんの味噌ラーメン

どんぶりから山のように盛り付けられた

もやしなどの野菜類が、シャキシャキで

ボリューム満点。

 

熟成されたほのかに甘みとピリ辛を感じる味噌味に

自家製もちもち麺がよく絡みます♪

 

久し振りの味わいに感動しました。

 

家の味もいいけどたまにはプロの食事も

旨いですね〜。

 

JUGEMテーマ:グルメ


雪解けが進む妙高山

緑が鮮やかに感じますね。

 

遠方から眺める妙高山も少しずつ雪解けが進んでいました。

 

雪解けが進む妙高山

 

今日から、市内の小学校では通常登校となりました。

 

うちの子もそうですが、お友達と過ごせることが

とても楽しいようで、いつもより早く就寝し、

学校に備えていました。

 

久し振りに、夕方たくさんの生徒さんの帰省姿を

拝見し、当たり前だったことがとても鮮烈に感じ、

心が暖かくなりました。

 

このような日常が継続され、安心して暮らせるように

なることを切に願います。

 

子どもたちの元気を励みに精進したいと思います。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


酒米は蒸して使います

原料処理された酒米は、甑(こしき)という名前の

鉄窯で蒸し上げられます。

 

ご飯は炊飯器で炊くのですが、

酒米は蒸しあげたものを使用します。

 

下の和釜に、水がはられており、

床底に埋設されているバナーの火力で

蒸し上げるのです。

 

甑

こちらは、「越後美人」や「若竹」を製造している

上越酒造さんの和釜です。

歴史と趣を感じます。

 

吟田川の蔵

こちらも歴史を感じますね!

吟田川の代々菊酒造さんの和釜です。

 

蒸し上げ作業

こちらは「金鶴」 加藤酒造店さんです。

 

和釜の上に甑が配置され、約1時間蒸し上げられます。

 

酒米を蒸すことにより、デンプンを麹の酵素の作用をうけやすく

するような状態の、α化されます。

 

蒸し上げ作業

状態を保つために時間との戦いです。

 

掛米ようと、麹米用に振り分けられます。

 

蒸し上げ作業

暑いし、かなりの重労働です。

 

 

蒸し上げ作業

放冷機に投入し蒸米の温度を下げながら

外硬内軟な状態に仕上げます

 

蒸し上げ作業

急いで麹室に運びます。

 

適切な原料処理からのα化により、酒造りの重要な

場面なのです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/506PAGES | >>