calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

茄子漬の美味しさ

ビールにも、日本酒にも、アツアツの白ご飯にも

めちゃめちゃ合うのが、茄子のお漬物です。

 

シンプルな塩漬けは、素材の良さが、もっとも

現れますので、茄子選びには、

かなりこだわります。

 

茄子のお漬物

思い描い見事な茄子でしたので、ご飯が進みました(^^)/

 

酒の肴としても最高ですね!

 

現在漬け込み重しを載せて準備しています。

 

今日は涼しいので、上品に仕上がりそうです。

 

楽しみだ〜(^^)/

 

JUGEMテーマ:グルメ


ご先祖様のお帰り

お盆の時期は、ご先祖様が生家に戻て来てくれる

ということで、仏壇をワックスがけし、

気持ち良く過ごしてもらって、今日のお昼ご飯を

食べてから、お墓に戻られるようですね。

 

先祖様のお帰り

なすびに足をつけて牛に乗ってお帰り下さいとのことで

作ってみました。

 

キューリは、早く走る馬をイメージして

ご先祖様が一刻も早くお家に戻ってこられるように

という願いで、

 

茄子は歩きの遅い牛をイメージして、帰りはけしきを楽しみながら

ゆっくりとあの世に戻ってほしいということと、

力の強い牛には、多くのお供え物を載せて帰ってもらいたいと

願いが込められているとのことです。

 

もっと沢山お供え持たせてあげればよかったですな〜。

 

今日幸せがあるのもご先祖様のお陰ですからね。

 

感謝ですね!

 

また来年待ってますよ(^^)/

 

JUGEMテーマ:日記・一般


雪中梅蔵元訪問

雪中梅の蔵元「丸山酒造場」へ、夏の挨拶に

訪れました。

 

なかなか時間がなく、伺えませんでしたが、

ようやく時間がとれたので、思い切って

向かいました。

 

あいにく社長さんも会長さんもご不在で

お話が出来ず残念でしたが、また伺いたいと

思いました。

 

雪中梅丸山酒造場

三和の豊かな自然の中で、酒造りが行われています。

 

雪中梅丸山酒造場

超軟水の湧き水。

 

このお水が雪中梅の柔らかな美味しさを

表現させています。

 

顔を洗いましたが、とても爽やかでした。

 

雪中梅丸山酒造場

周りの田んぼは、稲穂も立派に育っており、
秋の収穫が近いことを実感させられました。

 

雪中梅のお酒は、その昔、人気が出て、手に入り

ずらかった時代に、大切な方への贈り物として

流通されてきましたので、実際にご自身で購入され

お飲みになられる方が、少なかったのでは

ないかと思います。

 

今は安定して販売されておりますので、

ぜひご自身でお飲みいただけたらと思います。

 

疲れたときとか、ふわりとやわらかな甘口の味わいが

なかなかおいしく感じますよ(^^)

 

雪中梅のご用命は

創業明治43年・立原酒店[新潟・上越]

 

お酒は20歳になってから当店では未成年者には酒類を販売しません。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


お墓掃除

毎年恒例のお墓掃除を行いました。

 

暑い日が続いたので、タイミングを

見計らっていましたが、

早朝の涼しい時間目掛けて

行ってきました。

 

お墓掃除

頼もしい助っ人?も、一生懸命活躍してくれました。

 

この後母方の、お墓も行い、2人ともくたくたでした。

 

駄賃に買った、自販機のジュースがとても美味しく

感動しました。

 

帰りの信号が全て青で、ご先祖効果か?!などと

話しながら、これで運が尽きたら寂しいなと

思う3人でした。

 

近所のスーパーで、パンを購入し

奥のテーブルで朝食。

 

疲れたけど心地よい達成感の中の

食事は美味しかったです。

 

これで気持ちよくご先祖様も過ごせますかね(^^)/

 

JUGEMテーマ:日記・一般


久し振りの出番

朝から雲行きが怪しくなったと、思っていたら

チョー久し振りの雨です。

 

植物農作物自然の生き物たちは、この時を

待ち侘びていたことでしょう。

 

そして忘れられかけていた、このお方も

要約の出番となりました!!

 

鯉の傘立て

傘をお持ちのお客様は来られませんでしたが、

店頭に堂々と鎮座できる喜びが伝わってきます(^^)

 

雨が降ったというか、太陽さんが雲に隠れていたおかげで

少し涼しくなりましたね。

 

築によっては大雨が心配なようですので、

程々に降ってほしいと願います。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


しじみの味噌汁

お酒を呑んだ後は、シジミ汁が体に沁みますね!

 

蜆の味噌汁

優しい香りと味わいは、飲むたびにほっとします。

 

シジミが多くとれる産地では、シジミラーメンがあるようですね!

 

タウリンを吸収し、肝臓をいたわりましょう(^^)/

 

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

 


夏の風物詩

先日息子から、昆虫採集を誘われたので、

のどから手が出そうな、晩酌をグッと我慢して

出掛けました。

 

夜になっても暑さはひかず、無風状態で、

昆虫採集には最適の条件です。

 

目的地に向かうと、脱皮直後の蝉に遭遇。

 

虫取り

手前に殻があります。

なんと美しい妖精のようですね。

 

ライトを照らしながら、探るといました!

 

虫取り

ノコギリクワガタです。

 

小振りですが、迫力がありますね!

 

虫取り

違う場所に向かうと、カブトムシのメスが

いました。

 

虫取り

途中で通った関温泉は、なかなかいい雰囲気で

涼と優れた泉質を求めに来られる泊り客の

車やオートバイが結構ありました。

 

虫取り

避暑地で生息するミヤマクワガタもいて、

収穫は少ないものの、満足の昆探訪でした。

 

息子との交流と共に休刊日にもなり、

一石二鳥でした。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


釣り

タイミングが合わず、上の子とは中々釣りに行けて

いなかったのですが、夕方の時間が少しあいたというので

漁港を訪れました。

 

日中は暑くて釣りどころではないですし、
魚も夕方にならないといと餌を食べませんから、

丁度いいのですね。

 

能生で釣り

餌を付ける事も出来るし、任せておいて安心です。

 

結構大きなハゼや、キスなどが釣れまして、

本人も満足げでよかったです。

 

能生の夕日

夕日がきれいでした。

 

心に残る思い出です。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


日本酒のすごさ

日本酒は、米と水から造られるもので、

それらの味は、ほぼ無味無臭に近い原料なのに

どうしてこれほどの様々な香りや、酸を出す

ことが出来るかと思うわけですが、これらは

酵母という微生物を、杜氏が上手に導いて

あげることによって、造り出される、

世界に類を見ない特殊なお酒なのです。

 

ワイン造りを例に挙げると、ブドウは初めから香りや

あじわいを持っています。

原料の出来がワインにとても大きな影響を与えるわけです。

 

酵母は、グルコース(ブドウ糖)を食べて

アルコールと炭酸ガスを生成します。

 

酵母は生き物ですから、

糖を食べてアルコールと炭酸ガスを排出すると

イメージしていただけたら分かり易すいかと

思います。

 

葡萄は、初めから表面にブドウ糖がありますから

そのまま酵母が食べることが出来ます。

 

お米は、蒸したところで甘くはならないので

グルコースに変化させてあげる作業が必要になります。

 

それが麹造りです!

 

「口噛み酒」ってわかりますか!

 

ご飯を、ゆっくりゆっくり噛み続けていくと

口の中の「酵素」の働きでお米が糖化するのです。

 

これを、壺や瓶の中に入れ、放置しておくと

空間に生息している野生酵母が、入り込み

グルコースを食べてアルコール発酵を起こすのです。

 

酒造技術の発展途上では、このようなことが行われ

自分たちで酒を造って呑んでいたようですね。

 

口噛み酒を販売するわけにはいきませんから、

現在の麹造りは、杉で囲まれた麹室の中、気温30度以上の

状況で、蒸して冷ました酒米に、麹の種を振りかけ

良い甘カビを発生させてあげるのです。

 

お米の表面に種をつけると、その種がやがて根をはやし

お米の中に入っていきます。

そうして、幹をはやし、枝が生え、花が咲く。
その花を、6分咲きぐらいの状態で約二日かけて

咲かせてあげるのです。

 

口噛み酒からはじまって、このようにしてグルコースを

造り出すことを考えたどり着いた方の、
探究心には、心より敬服します。

 

そのグルコースを使って、仕込みタンクの中で、

餞別された酵母を使い、杜氏さんが導くのです。

 

酵母をどう導くのかといいますと温度管理なのです。

 

言葉が通じれば楽なのですがね、これがなかなか大変なようです。

 

一概に酵母といいましても、いろんな種類の酵母がいるので

その中で、純粋に培養され用途によって使い分けられるのです。

 

バナナのような香りを出す酵母や、リンゴのような香りや酸を出す酵母

メロンのような香りを生成するものもあります。

 

2週間かけて予想するアルコール度数のお酒を

造り上げようとしたら、決めた量のグルコースを

2週間かけてゆっくりゆっくりバランスよく食べさせながら

理想とするお酒を造っていきます。

 

酵母は、温度によって動きが変わります。

 

この温度管理を行う事によって、導くのです。

 

初めからタンクごとに、酒造計画を立て

それに沿って行っていきます。

 

温度が高いと、活発に活動して、一気にグルコースを食べ

香りのよくない、アルコールの質の低いものが出来てしまいます。

 

逆に低すぎると酵母が死滅してしまいます。

 

これが難しいのですね!

 

 

ノドグロの干し物

美味しい肴と共に、味わっている日本酒ですが、

そんな事を少し知っていただくと、

また違った味わいを発見していただけたら幸いです。

 

日本酒のすごさは、杜氏をはじめとする蔵人の「技」

が長けているところだと思います。

 

皆様の日々の幸せのお役に立てたら、造り手も

きっと喜ぶと思います。

 

繊細な感性の日本人だからこそ造り上げられた日本酒

なのですね。

 

これは、すごいと思います。

 

繊細な味わいを、ぜひ感じていただきたいと思います。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


祇園際

連日暑さが続きますね。

 

祇園際が近付き、子どもは毎日祇園行進曲の稽古

に会館を訪れます。

 

私も子供の頃は、これが楽しみで毎日練習しました。

 

祇園行進曲

今はこのような歌詞が用意できますが、

当時は役員の方々から口伝に、教わったものです。

 

正確な文言や意味も分からず、それっぽく

元気いっぱいに歌いながら、灯篭を担ぎ、

炎天下の中各町内を周ったことを思い出します。

 

伝統行事ですね!

 

ただ今年は異常な熱さ故、パレードも

心配されます。

 

子どもたちの元気な歌声を、今年も聞きたいですね。

 

ただし、気候によっては、無理しないでほしいとも思います。

 

暑さを何とか乗り切っていきましょう!

 

JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/102PAGES | >>