calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

セッティングは深いな〜

オートバイの走りが、なかなか思い通りにいかなくて

キャブレター調整を行いました。

 

どういったことが気になるのかといいますと、

アクセルを開いて走行する際に、

平坦な地で前に車が走っていたとしたら、

その車に対して一定の距離及び速度で走るわけですが、

例えば、ギアを4足で50キロで走り続けようとします。

 

その時にアクセルは、ほんの少し開けた状態で

固定しますよね。

 

この状態のまま開けも戻しもせず、パーシャル状態で

走るわけです。

 

私のは、ほんの少し開けた時のパーシャル状態で走行した時に

エンジンの回転がなめらかに回らず、

走っていて気持ち良くないのです。

 

中高速走行は、繋がりの谷間もなく、気持ち良く走れるのですが、

下道の普通の走りに関しては、エンジン回転数の一か所が

気になってしまいます。

 

バタフライキャブは、全ての回転、全てのアクセル開度を

ジェットという中低高速走行のガソリンの噴射量を振り分ける

制御物が、2つだけなので、気になるところが、出るようなのです。

 

それでも何とか自分でやって見て納得したくなりまして、

まずはキャブをばらしました。

 

キャブ調整

s&sEキャブは単純な構造なのですが、大排気量用なので、

私のではもてあそんでいるといったこともあるのかな。

 

エアクリーナーカバーを外して、カバーを固定している器具を外し、

キャブを外します。

キャブ本体をバラすのは、4つのボルトを緩めるだけなので、

全く難しくはないですね。

 

キャブ調整

トイレのシンクをミニチュアにしたような構造になっている

シンプルな内容です。

丸く黒いのが発泡スチロールのような材質で、

アルミの容器にガソリンがたまると浮き上がってきて

連結されている小さな栓が下がり、ふさがるのです。

 

ガソリンが無くなるにつれてフロートが下がり

栓が開いてガソリンが入ってくる。

その繰り返しです。

 

インターミディエイトジェットを一つ上げてみることに。

 

ガソリンを濃くするのです。

 

キャブ調整

 

超短時間で丁寧に交換終了し、エンジンをかけるのですが、

なかなかかかりません・・。

 

50回くらい蹴ってようやく始動。

 

走りは力強くなったように感じますが、症状は改善されていませんでした。

更にエンジンを切って再始動しようとすると、なかなかかかりません。

 

前のジェットのセッティングの方が始動はまだよかったですね

 

キックしすぎて汗だくで、疲れました〜。

 

なかなか難しいものですね〜。

 

JUGEMテーマ:車/バイク


旧道を走る

少し前ですが、平日休みの夕暮れ時に

XL250sで能漁港の魚をみに行きました。

 

何時もの国道8号を走るのでは芸がないので

ちょいちょい旧道にトライ。

もちろん走った事が無い道なので

好奇心全開です!

 

道幅が狭いので車はすれ違いきついでしょうが、

オートバイならスイスイです。

 

木に囲まれた坂道を走ると、爽やかなな風に出会えました。

 

旧道を走る
近場でもまだ走ったことが無い色々な道があり、

新たな発見に心が刺激されます。

 

旧道を走る

獣道や山道を通り、ぐるっと回ってきたら、穏やかな海に

辿りつきました。

 

さて漁港を覗くと、アジが泳いでいました。

以前よりも大きくなっていましたので

小物釣り魂がむらむらとします。

 

走る事もまた、釣りも楽しいですね!

 

JUGEMテーマ:車/バイク

創業明治43年

上越地酒の店-立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません

 


キャブ調整

私のオートバイに付けているs&s社のキャブレターは、

見た目とアクセルを開けた際のドカンといった加速感が好きです。

 

単純な構造ですが、セッティング調整が難しく、

特に始動性はsuキャブレターの方が、圧倒的にいいです。

 

キャブレター内にゴミが詰まると、外にガソリンが出る仕組みに

なっており、そんな症状が出たら、キャブ内のごみを

とってあげなければいけません。

 

キャブ調整

 

キャブ内の構造は、例えるならトイレの水とためるタンク

と一緒です。

 

中を覗くと、受け側に浮き輪のようなものが入っており

(フロートといいます。)

ガソリンが受け側にたまるにつれて浮き輪が浮いてきて

連結されたガソリンの注ぎ口にセットされているロケットのような形の

バルブが下がってそれ以上たまらないように、出ないように栓の

役目をするというわけです。

 

受け側の中のガソリンが減るにつれて、

栓が少しづつ開いて、その範囲内でガソリンが足されていくのです。

 

浮きの調整によって、始動性から走りに至るまで

かなり変わるようですので、単純な構造ながら

奥が深いようです。

 

s&s社の説明によると、フロートバルブが締まっているときの

フロートボールとフロートの差は、8分の1〜16分の1インチのようです。

実際にコックをオンにして図ってっ見ることが一番のようですね。

 

栓のところ(フロートボール)のゴミをとって取り付け完了。

 

旧車の整備は、詳しい人にお話しを聴きながら、できることは自分で

行い、難しいことはプロに任せましょう!

 

オートバイライフを楽しみましょう(^^)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

新潟の地酒が買える上越市の老舗酒屋

創業明治43年

立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。


今シーズン最後のツーリング

11月の中旬ですが、おそらく今シーズン最後となる

ツーリングに出掛けました。

 

予報では最高気温が19度くらいと言われていましたが

実際には気温が上がらず、修行の走りでした。

 

てなわけで、マスクの上から口周りも防寒対策、

腰とお腹にホッカイロをセット!

ホッカイロの暖かさにすくわれました。

 

行く先はらーめんが熱い「小千谷」!

 

10時出発で4時前にはゆっくり帰省できる

コースを選びました。

 

柏崎方面からに小千谷出て飯を食べ、

 

その流れで、十日町から松代に抜けて

浦川原に出るコース。

 

途中初めて通る道もあって

心ときめきました(^^)

 

さて、走っていると足が寒いですな〜。

 

寒い時は暖かいものに限ります。

 

小千谷にも、美味しいラーメン店が沢山あり、

 

ラーメン通の知人の意見を参考に、

ルート的なことも考え、

「ようか」というところに。

 

スタンダードな醤油を頼んだのですが、

鳥塩が人気だということを

後から知る・・・。

 

ようかラーメン

でも、これもうまかったですよ!

チャーシューが絶品でした。

特に具がどれもうまかったな〜。

 

暖かいものをいただくと、暖まるものですね。

 

回復しました。

 

この勢いで再出発。

 

初めて通る道を進む。

 

道も広く景色もいい。

 

当たりの選択!!!

 

松代の奥

冬季間閉鎖の、細い道も2輪車なら全く問題なし。

 

こんな山深いところにも田圃があって、

感心します。

 

ここで作られるお米もうまいのだろうな〜。

 

信濃川沿い

信濃川が雄大で、途中で並走しましたが、

誠に気持ちのいい眺めです。

 

十日町あたり

ここもそろっと雪になり、かなりの間

積もってるでしょうから、

また来年の夏以降に来たいですね。

 

今シーズンラストツーリングにふさわしい

道なりでした。

 

旅を回想しながらの一献は、格別でした(^◇^)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 


モーニングrun

中型のオートバイで、早朝ツーリングに。

 

近くのコンビニで待ち合わせをしたものの、

エンジンがかからず、遅刻してしまいました。

 

気温が下がると一発目の始動が、

手こずります。

いかんせん旧車ですからね。

 

この日の下界は、それ程寒くなかったので

軽装でした。

 

朝の9時には戻りたいということで、

行先は光ヶ原高原に決定。

 

一人で走ることの好きだが、数人で走ることも

なかなか楽しいものです。

 

秋風が心地よいですな〜。

 

オートバイ乗りにとって、気温はとても重要だと思います。

 

四季を通し走りますが、ピッタリの気温の世界を走った瞬間、

たまらなく気持ちよいのです。

 

板倉に入り標高が高くなるにつれ、

気温がぐんぐん下がりはじめる。

 

もっと厚着してくればよかった・・💦

 

光ヶ原高原からの眺め

比較的道も綺麗な連続的なカーブが続くワインディングは、

走りが絶えがあり、とても楽しい。

頂上に到達すると、下界まで見える最高の景色に出会え

ました。

 

朝のコーヒー

風が吹いていて結構寒い。

 

仲間の方が、湯沸かし道具を持て来てくれたので

ご唱和にあやかります。

 

これはありがたかったですね〜。

 

モーニングコーヒー

モーニングカフェオレをいただきました。

しみる旨さ。生き返ります。

 

帰りは清里方面の田んぼコースをまわりました。

下界にきたら、急に暖かくなりました。

 

このまま遠くに走りたい思いでしたが、

お仕事ちゃんがお待ちしていますので・・。

 

これから涼しくなってくるので、朝はきつくなりますが

出来る限り走りたいと思います。

 

JUGEMテーマ:車/バイク


愛着が湧きます

親しい友人のお店で、新しいジーンズを購入した。

 

ウエストライドジーンズ

10年以上も履き続けているお気に入りのジーンズと

同じ物だ。

 

オートバイ乗りの僕には、このジーンズが格好だけでなく

オートバイに乗った際の、履き心地と機能性がよく、

とてもしっくりくる。

 

ウエストライドというブランドは、デザイナー自身が

コアなオートバイ乗りであり、自らの経験を生かした

アイディアがシンプルに形容されている。

 

ジーンズ以外にもグローブやウエア―、雨具、ブーツ等々。

オートバイ乗りだからこそ、分かり得るものが

すさまじく活かされている。

 

友達だからだけではない、ここの品物はオートバイ乗りの私にとって

とても価値があると感じている。

 

左綾織の履き心地の良いこのジーンズが、少しずついい色になっていくのが

今から楽しみだ。

旅の相棒は、オートバイだけではない。

身に着けるものも大切な相棒だ。

 

秋になってから雨の日が多く、オートバイで出かける機会が

なかなかないが、こいつを履いて旅に出たい。

 

マイルス・デイビスのジャズがかかる静かな部屋で

最近お気に入りの『ザ・ロイヤルレモネード』を

味わいながらジーンズを眺めるのでした。

 

※佐綾織のデニムとはジーンズの裏面の白い糸の流れが

左上(足の先を上と見る)に流れているデニムのことで
左綾デニムは表面の手触りが右綾デニムに比べると、

つるつる感が出てくるようです。(確かに!)
左綾デニムは縦落ち感が出やすく、ヴィンテージモデルや

ソフトジーンズによく用いられているそうです。

 

※ザ・ロイヤルレモネードとは、赤ワインと蜂蜜を使った

カクテルのことです。詳しくはこちら

 

JUGEMテーマ:車/バイク


旅の思い出

オートバイ仲間と一泊二日のツーリングに

山形方面へ出掛けました。

 

初日は朝から雨。

週間予報では晴れだったのに、

雨男がいたのかな?

 

それでも快調に走って柏崎位のところで

私のオートバイのエンジンが急に止まってしまいました。

 

幸いにして雨もほとんどおさまっていて

助かりました。

 

後続部隊がとまってくれて、原因を探る。

 

キックをしてエンジン始動を試みるが、

全くかかる気配がない・・。

電気が通っているかプラグを

外して確認するが、火が飛んでないような・・・。

 

ポイントを確認すると点火している。

 

コイルがパンクしたのか、予備を持っていた仲間のを

借りて配線を繋ぐがプラグに火が飛ばない。

 

そんなやり取りをしながら、

たまたまプラグの金属部分を触ったら

ビリッときたから、飛んでいたのですね!

 

はっきりとした原因がわからないまま、

元に戻し、エンジンをかけると

ようやくかかりました。

 

お昼くらいには雨も完全に上がり、気持ち良い風を感じる。

 

笹川流れ

笹川流れで小休憩。

 

その後荷物を止めているバンドが切れて

2回目のご迷惑((+_+))

 

初日調子よく宿に到着しました。

 

次の日も、始動性もよく快調な走りだし。

 

笹川流れ

笹川流れで小休憩。

 

ここからさらなるトラブルが始まる。

 

出発しようとエンジンをかけるが一向にかからない。

おまけにケッチンがひどい。

ケッチンとは、キックペダルを踏み下ろす際に

反対に跳ね返されることです。

 

スニーカーだったら、骨折する場合もあるようです。

 

私は丈夫な川のブーツでしたが、足首を捻挫しました。

 

何かいキックしてもなかなかかからない。

 

仲間の諸たちでかわるがわるかけるもののなかなか

かかりません。

 

アクセルをあおったら、アクセルワイヤーがぶちっとキレてしまいました。

 

これはやばい。

でも仲間緒は、予備のケーブル持っていて

付け替えてくれることに。

ところが、外側のガイドが長くて、しかも中が荒れていて

ワイヤーが通りません。

 

急遽怪しいところをパイプカットして

長さ調節。

応急処置ですが、手術は成功。

 

猛者たちが交代でキックしてくれて、

ようやくかかりました!

エンジンがかかれば後はスムース。

 

アクセルのあそびは異常に多いが、

直ぐになれました。

 

でも、ガソリンを給油したり、休憩した後がまた

全くかかりません。

 

足首は痛いし、ケッチンも怖い、仲間の

お陰で何とか精悍出来ました。

 

皆には大変迷惑かけました。

 

原因は何だろうと、進角を外し、

中を見ると、自動進角の

バネが切れていました。

 

進角

これじあケッチンはひどいし、かかりにくいわけですね。

 

JUGEMテーマ:車/バイク


夏の夕暮れ

夕方になって急な用事が発生し、ちょっと距離があるので

久しぶりにXLで出動しました。

 

ここにきて日中はまた暑くなりましたが、

5時半くらいになると風が気持ちいいです。

 

稲穂もいつの間にか大分垂れてきており、

実りの秋も近づいているのですね。

 

夏の夕暮れ

毎年夏を迎える前になると、オートバイで

遠くに旅をしたいと思うのですが、

その時になるとなかなか時間はとれないものですね。

 

ビーナスラインを走りたかったです。

 

こればかりは、お休みと天候が合うかもポイントになりますからね。

 

北海道なんて夢のまた夢です。

 

まあでも、オートバイに乗らせていただいている

だけでもありがたいと思わねばなりませんね。

 

チョイノリもまた楽しいものですからね(^◇^)

 

JUGEMテーマ:日記・一般


オフ車同士

古くからの友人が、大型バイクを手放し

250のオフ車に乗り始めたと聞き、

朝ちょこっと走ることに。

 

オフ車同士で走ったことが無かったので

ジャンルが一緒だと結構楽しいものだと感じました。

 

オフ車で朝ラン

妙高方面は霧雨で、軽装な僕らはずぶ濡れに・・・。

 

私なんてスニーカーだったので水没しました。

 

走りながらバックミラーに映る彼のライディングを見て

楽しんでいるなあと感じながらも、30年近く付き合ってきた

思い出が詰まった大型バイクを手放すことは

相当つらかったのだろうと思いました。

 

彼のバイクは慣らし運転中でもうしばらくはアクセルが

開放出来ないとのこと(笑)

 

でものんびりトコトコ走れて、そこらへんがおっさんライダー

には魅力なのでしょうね。

 

またのんびり行きましょうや(^^)

 

JUGEMテーマ:車/バイク


久しぶりの秋山郷

十日町に向かうと秋山郷の看板を発見!

 

ここはずいぶん昔に来たことがあり、昨年曲がる道を

間違えて通り過ぎてしまったので、今度こそ

と思い向かいました。

 

オートバイの旅

やはり水が綺麗ですな〜。

 

透き通っています。

 

オートバイの旅

さすが秘境です。

 

途中にはお猿さんが沢山いました。

 

ビーナスラインは走れませんでしたが、

こちらはお天気で正解でした。

 

次回はどこに行こうかな(^◇^)

 

JUGEMテーマ:車/バイク


| 1/6PAGES | >>