calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

千代の光三割麹発売!

上越は、朝から暖かくてお天気が良かったのですが

夕方から雨となりました。

 

明日は上越市高田の最大イベントでもある

「越後謙信酒まつり」が開催されます。

上越地方の酒蔵を主に、糸魚川、佐渡の酒蔵さんも

出店し、自慢の地酒を出品されます。

 

お酒をなまれない方にも、地元のグルメが集結しますから

充分楽しめる企画となっております。

 

雨があまり降らないことを祈っています。

 

味わいの違いや食との相性、そして蔵元との語らい・・。

 

楽しんで下さいませ。

 

さて、明日も出店する人気銘柄千代の光酒造さんから

kシリーズの中でも旨みたっぷり引き出した

純米吟醸三割麹が発売されました!

 

千代の光三割麹

蒸して冷ました酒米に、甘カビを発生させ

お米を糖化しやすくする作業によって

出来上がったものが麹米です。

 

仕込みタンクの中に、こうして造った米麹を

一般酒では2割投入し、8割は蒸して冷ました掛け米を

入れます。

 

掛米は、麹米の酵素の作用で糖化していきます。

 

そうして出来上がったぶどう糖を酵母が食べてアルコールと

炭酸ガスを造り出すのです。

 

さて、三割麹とは、二割のところを三割使い

七割を掛米にします。

 

三割使ったらどんな味になるかというと

旨みがたっぷりのお酒が出来るのです。


これも上手に造らないと、くどい酒に

なりかねないので、とても難しい作業だといわれています。

 

自社培養酵母を使い、甘みと酸味のバランスのとれた

見事な一本です。

 

千代の光三割麹

耐熱瓶を使用し、出品酒同等の瓶火入れ、急冷を行い

美味しさを封じ込めています。

 

720mlなのに王冠使用になっているのは、

効率の良い瓶火入れが出来るからです。


謙信酒祭りで、出場しているかは分かりませんが

もし出ていましたら是非試してみて下さい。

 

明日は、私も会場にて試飲グラスを販売していますので

お声がけくださいませ(^^)/

 

千代の光三割麹720ml 1650円、1.8L3300円(税込)です。

 

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

 

立原酒店[新潟・上越]

 

JUGEMテーマ:グルメ


自家製枝豆

いつも月末集金と御用聞きは親父の仕事でしたが

高齢になり夜間の運転を控えるようにしているため

私が行くことになりました。

 

お客様にもよりますが、いつも夕方に伺う

お客様のもとへ行く予定でしたが

お店番もありますので、だいぶ遅くなってしまいました。

 

長年お付き合いいただいているお客様で、

ひょっとしたら食事されているかと恐る恐る伺うと

 

皆さん暖かく対応してくださり、集金とご注文を

いただきほっとしました。

 

さらには自家菜園の枝豆を用意していただいてあり

ありがたく頂戴いたしました。

 

枝豆

昔から、オヤジが如才なく対応してくれて来たのだと

改めて感じました。

 

明日は、朝の集金及び御用聞きと配達を行います。

 

一生懸命働いた後の枝豆を肴に一杯はやはり

格別ですな〜。

 

感謝感謝です!

 

JUGEMテーマ:グルメ


メイドイン上越試食会に参加してきました

上越市にも、美味しいものがいろいろありますので、

そちらをもっと㏚していこうという、行政とタイアップして

行われた「メイドイン上越試食会」に参加してきました。

 

メイドイン上越町田醤油味噌醸造場

町田醤油味噌醸造場さんからのご紹介で、

色々とご紹介していただきました!

 

中でも気になったのが、いちごのお酢と、

雪室で熟成されたお茶でした!

 

いちごのお酢は、酢の刺激が少なく、

柔らかな口当たりで、牛乳と割っても美味しいですし

ソーダで割っても良さそうでした。

 

雪室熟成茶

お茶は、雪室で熟成されたことにより

甘みと深みを感じました。

 

雪室熟成緑茶

温めても冷やしてもいいですね!

 

オシャレな器に入れたらもっとさらに美味しく感じる

と思いました。

 

地元企業さんも、色々なところに出向き頑張っているのだと

感じました。

 

町田様に感謝です!

 

JUGEMテーマ:グルメ


ピーマン

秋野菜をいただくことが多く、

ありがたいです!

 

ピーマンは、子供には人気がないようで、

私も子供の頃は、肉みそ詰の焼きピーマンが

苦手でした・・。

 

大人になるにつれ、風味や苦みが好きになり、

天ぷらや炒め物は大好きになりました!

 

ピーマン

いただき物のピーマンにチーズを入れて

フライパンで焼き上げたこの逸品も

たまりません。

 

味付けな塩ベースですが

お醤油を少し付けるとまた旨しですね〜(^^

 

JUGEMテーマ:日記・一般


フグの干物

夏に富山に行った際に、市場て無添加のフグの干物が

安く売られていたので、塩焼きにしていただきました!

 

フグ

ほろほろとして弾力があり、旨味も凝縮されていました

 

日本酒がはかどりますな〜(^^;

 

JUGEMテーマ:グルメ


千代の光 k 純米吟醸壱度火入れ この酒は素晴らしい!

今日の朝も結構寒かったですね!

いつもの散歩も一枚羽織らないと

寒いくらいです。

 

日本酒が益々おいしく感じる気温ですな〜。


少し前にもご紹介しましたが、千代の光酒造

から発売されている「k」シリーズが

要注目で、後継者である剣一郎氏がプロデュース

する、日本酒が持つ可能性を引き出したお酒です。

 

深い情熱と熱心な取り組みによって

色々なタイプのお酒を手掛け、じわじわと

支持されてきました。

 

そんなkシリーズから、純米吟醸一度火入れ

のお酒が登場しました!

 

千代の光k壱度火入れ

テーマはフレッシュ感と果実のような香味。

 

今回フレッシュ感を残すために、上槽後、できるだけ

早い段階で瓶詰を行い、氷温管理した後

瓶火入れを行いさらに冷蔵管理することで

 

大吟醸酒の荒走りのような香味で、かすかな

微炭酸も感じ、軽快なお酒が仕上がりました。

 

千代の光k純米吟醸壱度火入れ

これは全国レベルの仕上がりだと感じます。

 

千代の光k純米吟醸壱度火入れ

瓶燗と書かれています!

 

これは熱処理のことで、従来はお湯が入ったタンクの中に

蛇管を入れ、そのパイプの中をお酒が通っていくことで

熱処理されるのですが、この時に、どうしても空気に

触れたり、肝心な香りも少し飛んでしまうのです。

 

では瓶燗とは、お湯の中を通したパイプを通さず

絞ったフレッシュフルーティーなお酒を

直接瓶に入れ、蓋をして瓶ごとお湯の中に入れて

から、段階を置いて水に移し間接真空殺菌するのです。

 

これによって酸化を最小限に抑え、

出来たのフレッシュな香味を感じられるのです。

 

火入れのタイミングも重要で、素早く行い

その後も、しっかり冷蔵管理しました。

 

この一本は素晴らしいお酒だと感じました。

 

千代の光 k 純米吟醸壱度火入れ 720ml 1620円(8%税込)

                 1,8L 3240円(8%(税込)

です

 

店頭にて愛情込めておすすめいたします!

 

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません

JUGEMテーマ:グルメ

 

 


海の幸で一献

公私ともに仲良くさせていただいている

釣り好きのお客様から、釣れたてのイナダを

いただきました。

 

イナダ

見事な一本物を2匹!!

 

イナダのなめろう

なめろうとたたきにしました。

 

どちらも美味しくて、お酒がすすみました(^^)/

 

ご馳走様でした。

 

●籐様ご馳走様でした(^^)

 

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

 


ご当地鍋

青森の大切なお客様から頂戴した

せんべい鍋を堪能しました!

 

青森煎餅汁

 

お豆腐のように見えますが、だし汁の味がしみこんで

たまらなく美味しいのです。

 

野菜嫌いな子供たちも喜んでいました(^^)/

 

私は日本酒進みました〜

 

JUGEMテーマ:グルメ


釜めしの千成さんで敬老のお祝い

敬老の日の前倒しですが、感謝の気持ちということで

釜めしの美味しいお店「千成」さんへ

行ってきました。

 

せっかくならば色々な釜めしを注文しよう

ということになり、利き釜めしになりました。

 

私はいつも五目釜飯を頼むのですが

 

昔豚釜めしを食べた時中華おこわみたいだったので

それを頼みました!

 

千成豚釜めし

これもまた美味しかったです

 

それぞれ特徴があって、ついつい食べ過ぎました。

両親も良かったと喜んでくれてほっとしました。

JUGEMテーマ:日記・一般


金鶴「上弦の月「」純米大吟醸自然栽培米使用入荷しました!

店主が惚れた佐渡の酒「金鶴」の

蔵元から、自然栽培米を使用した

純米大吟醸酒が、本日発売となりました。

 

蔵人であり、農業家でもある

佐々木氏が、農薬は勿論、肥料さえも

使わず自然環境が本来作り出す土地力と、

稲が持つ可能性を引き出した

酒米を使用します。

稲は栄養を求めようとさらに地中深く

根をはやします。

 

同じ田んぼの中でも、しっかり実るところ

とそうでないところがあり、安定した

酒米作りの探求に全力で取り組んでいる

佐々木さんは、すごい方だと感じています。

 

米作りもすごいですが、酒造りも

素晴らしい取り組みをされ、

金鶴の味わいの立役者であることは

間違いありません。

 

「拓」というお酒も佐々木さんが

かかわりがなければ誕生していなかったと思います。

 

今回発売されたお酒は、私のイメージでは

口に含んだ瞬間輝くお酒です。

 

きらきらとかろやかで、フワ〜っと爽やかな

いい香りがして軽快な旨みが心地よく感じられ

そしてさらさらっと後味がいい。

 

金鶴純米大吟醸上弦の月

このお酒はすごいと思います。

 

金鶴純米大吟醸「上弦の月」720ml 2547円(税抜き価格)

 

ノドグロのお刺身。

 

白身魚のフライにもとても合います。

 

金鶴上弦の月純米大吟醸のご用命は

立原酒店[新潟・上越]

 

お酒は20歳になっておから。当店では未成年者には酒類を販売しません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ


| 1/46PAGES | >>