calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

妙高酒造の飲み切り

地元妙高酒造さんへ、29年度のお酒の

呑みきりに伺いました。

 

妙高酒造飲み切り

夏場は製造を行っておりませんので、蔵の中は酒造道具が

片付けられ、ひっそりとした様子でした。

 

この呑みきりというのは、平成29年度(平成29年7月1日から

平成30年6月30日)に造り上げた、清酒の貯蔵熟成状況や、

劣化火落ち菌の発生などがないか、

製造したすべてのお酒を確認する作業です。

 

H29BYという言葉を聞いたことがありますか!?

 

このBYは、Brewery Yearの略で、醸造年度という意味

のようですね。

 

妙高酒蔵では、醸造試験所の指導員の先生をお招きし、

寸評いただきます。

 

我々酒店にも声をかけていただき、蔵元の社員と共に

利き酒を行い、先生の評価を聞きます。

 

当然良い評価もわるい評価もありますが、

それを隠さずに、行うということは、

新潟の名工平田杜氏のすごさを、信頼してのことでしょう。

 

妙高酒造呑みきり

市販酒や、火入れ前の色々な種類のお酒があり、

こうして飲み比べすると、味の違いがよく分かります。

 

新潟県は昭和初期に、全国で唯一の県立清酒専門醸造試験場を

設立し、早い時期から日本酒の醸造研究に力を入れてきました。

また、醸造研究だけでなく、米どころとしての強みを生かし

新潟県農事試験場では、酒米の開発も強力に推進します。

 

その成果の一つとして、1950年代半ばに開発された

のが新潟県を代表する酒米「五百万石」です。

 

新潟県の酒米生産量が、五百万石を越えたことから

祈念して命名されました。

 

麹が造りやすく、それでいて溶けにくい米質は、

すっきりとした軽い酒質になるため、「端麗辛口」の

お酒を造るのに最適とされ、新潟淡麗辛口誕生の

ひとつのきっかけとなりました。

 

当時、労働環境の変化と、食生活の変化を察知し

香味がありながらもスッキリとして

すいすい飲めるお酒が、評価されたのですね。

 

このようなお酒を造り上げるのには、

新潟杜氏の諦めない情熱があったから

出来上がったのです。

 

現代、少量でインパクトのあるお酒が好まれる傾向ですが

素材を生かしシンプルな料理には、やはり

新潟の繊細な味わいのお酒が良く合うと思います。

 

シンプルな味は、疲れないし飽きないです。

 

白身のお魚や、奴、モロキューなどで

一杯呑みたくなりました(^^)/

 

皆様も美味しいくお酒と楽しんで下さい。

 

創業明治43年

立原酒店[新潟・上越]

 

JUGEMテーマ:日記・一般


酒らぼイベント「酔ってきナイト」6月23日開催します!

 

明日ですが、当店も参加している、地元の酒屋さんが主催する

お酒の試飲イベントが、開催されます!

 

酔ってきないと
鮎正宗と千代の光の若手経営者からお越しいただき、

お二人のおすすめするお酒が試飲できます。
場所は、高田の本町3丁目、旧第四銀行跡、高田街角交流館です!

16時から21時(ラストオーダー20時)まで行っていますので、

是非ご参加ください(^^)
当日も試飲チケットが購入できます。

当日は5枚で1000えんです。
一枚で、お好きなお酒を一杯試飲できますから、

同じものを飲んで、探っていただいて

もいいですし、色々な味わいを楽しんでもいいと思います。

蔵元や酒屋さんと話しながらゆっくり味わってください。

 

これをきっかけに、日本酒の良さ、そして私どもの想いを

知っていただけましたら最高にうれしいです。

 

以下の酒屋さんが、皆様のお越しをお待ちしています!

新井 山岸酒店さん、三和 地酒の店 かじやさん、直江津 横川酒店さん、

直江津エルマール内増井酒店さん、南本町 酒の石川さん、

南本町 松井酒舗さん、東城町 三上酒店さん、西城 布袋屋酒店さん、

北本町2 八木酒舗さん、
栄町 立原商店です!

 

飲み会の前にちょこっといっぱいいかがですか!
飲食店様も是非味や、雰囲気を確かめに来てください(^^)

皆さん是非酔って来ないね〜(^^)

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 


瞽女ミュージアムでの出張販売

週末2週にわたり、越後ときめき鉄道の人気豪華列車

「雪月花」にご乗車いただいた方々の高田の

見学ツアーがあり、立ち寄りポイントである

瞽女ミュージアムにて、地酒の販売を行わせて

いただきました。

 

瞽女ツアー

こちらはもともと高野商店という

麻の卸問屋さんだったお宅を瞽女文化を伝えていく

場所として継承されています。

 

瞽女ツアー

この吹き抜けの世界が素晴らしいですね。

 

瞽女ツアー

30分の勝負です(笑)

 

なかなか難しいですが、ご縁は必ずあるものです!

 

継続は力なりでしょうか。

 

こういった取り組みも必要ですが、

出張販売することで、改めて当店にご来店いただいている

お客様のありがたさを痛感させられます。

 

今後もこのような取り組みに参加させていただき

高田の街の発展に少しでも協力できればと思います。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


地元ラジオ

地元のラジオ番組に、ちょこっとお話しを

させていただきました。

 

スタジオ内には、出演者の方々の写真やサインが

飾られています。

 

お茶をいただきながら出待ちです。

 

FM上越出演

名パーソナリティーが、上手に引き出してくださいまして

10分くらいの生放送は終了しました。

 

後から自分の話を聞いてみると、同じフレーズを繰り返し

話していましたので、言葉を選んでいたつもりでしたが、

無意識に出てしまうのですね。

 

さらに緊張すると顔が赤くなるので、ラジオでよかったです(笑)

 

清酒の良さをお伝え出来たら嬉しいです。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


千代の光酒造蔵酒蔵見学

千代の光酒造さんに酒蔵見学に伺いました。

 

社長さん自ら、酒造工程など大変分かり易く

熱心に説明していただきました。

 

こちらの社長さんは、心から信頼尊敬できる方で

ブレない一本筋の通った素晴らしいかとだと思います。

 

精米所から始まり、酒母室、麹室、もろみ、

しぼる工程などをお話しいただきながら

見せていただきました。

 

千代の光酒造蔵見学

 

蔵内は広い為、説明のお話がなかなか通りにくいので、

最新の拡張機を使いながら説明していただきましたので

とても聞き取りやすく、良かったと思います。

 

千代の光酒造酒蔵

自社の取り組みや日本酒の特性などを

分かり易く楽しくお話しいただいたので

参加者の方々もとても楽しそうにされていました。

 

旧新井地区でもある妙高市には、酒蔵が3社あります。

君の井は昔ながらの旨く地の味わいを残しています。

鮎正宗は枯れることのない超軟水の湧き水の特性を生かした

柔らかなお酒を造っています。

千代の光酒造は、県内トップクラkスまでお米を磨き、

常に洗練されたクリアーな酒質を目指しています。

 

お忙しい中このようにご案内いただけることは、

本当にありがたいと感謝します。

 

蔵元は皆様から喜んでいただける素敵なお酒を

一生懸命造っています。

 

世界にはいろいろなお酒がありますが、

どんな酒にも負けない可能性に満ちた、

すごいお酒だと思います。

 

清酒千代の光もその一つだと思います。

 

後継者も同じ気持ちで頑張っていられます。

 

微力ながら応援していきたいと思います。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


町内の盆踊り準備

青年会主催の町内の盆踊りの準備を行いました。

 

ころころと変わる不安定な天気が心配されましたが、

当日は天気も良く、日差しが暑い中

会場設営を行いました。

 

盆踊り準備

 

櫓や提灯が飾られると、雰囲気が出てきますね。

 

盆踊り準備

 

青年会行事の一大イベントですから、

皆様に喜んでいただけるよう、会員も気合が入ります。

 

盆踊り準備

明かりがともる頃には、賑わいを見せてくれるでしょう。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 

 

 


連休に伴う営業日のお知らせです

こんにちは。越後上越で地酒とイタリアワインの販売を行っております

立原酒店の四代目店主です。

 

いよいよこの週末から大型連休となります。

 

当店は、最終日の7日のみお休みさせていただきますが、

その他の日は全て営業しております。

旗日に関しましては、通常21時閉店のところを

20時とさせていただきますので、宜しくお願い申し上げます。

 

鮎正宗、吟田川、かたふね、千代の光、越後美人、

越乃雪月花、スキー正宗といった、地酒を中心に、

佐渡の酒「金鶴」を取り扱っております。

この時期だけの限定酒の多数ございます。

 

観光で来られたり、帰省で来られたりと

上越にお越しの際には、ぜひ当店にお立ち寄り

頂きたいと思います。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしています。

 

立原酒店[新潟・上越」

 

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


酒の陣に伺いました

先日大盛況のうちに行われました「新潟酒の陣」

ですが、今年もお邪魔しました。

 

タクシーの運転手さんによると、

新潟のイベントの中でも、ダントツ一番のイベントなのだとか。

 

冷え込んだタクシー業界には、とてもありがたいイベントだと

話されていました。

 

コンサートなどが行われたとしても、終了するといっきに

帰り口に押し寄せて来られるので、お客様を乗せきれないし、

道は渋滞するから2回くらいしか往復できないのだそうです。

 

その点、酒の陣は、少しずつ少しづつ出て来られるので

沢山の方々をお送りできるのだそうです!

 

お酒が取り持つ素晴らしい経済効果(^^)

 

さて11時半くらいに到着するとスムーズに来場が出来ました。

 

新潟酒の陣

来場の方々は、いつも以上に大混雑の様子。

 

新潟酒の陣

金鶴の蔵元も賑わっています。

お客様に勧められて記念となりました💦

 

新潟酒の陣

トイレ待ちで並んでいると、法被を着たお嬢様が

お酒の㏚をしていまして、タイミングがいい事(^^)/

 

モデルさんの顔の小さい事にも驚き!!

 

酒の陣

ハッピを着た後姿も美しい。

金鶴のハッピが似合いますね〜。

 

色々なお酒をためしながら、

新潟のお酒のレベルの高さに感心しました。

 

デザインもそうですが、特徴を待った、

いろいろなお酒があるのですね。

 

流れを感じるいい機会にもなります。

 

蔵元さんご苦労様でした。

 

来年も楽しみです。

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


上越酒造袋取り作業

上越市で小さな酒蔵を営む「上越酒造」さんは、

創業200年の歴史を持ち、県内でも珍しい

昔ながらの手しぼりを行っている、

貴重な蔵元であります。

 

越後美人 槽しぼり

蔵の中は、仕込みタンクが並びます。

 

越後美人 槽しぼり

こちらが二階になります。

蔵作りになっており、何ともいい雰囲気です。

 

越後美人 槽しぼり

タンクに入っている醪を、2階にセットされている

この待ち桶まで、ポンプを使って送ります。

 

越後美人 槽しぼり

2回から落差を使って下の槽へと落とします。

 

越後美人 槽しぼり

こちらでは普通酒から大吟醸酒まですべての醪を

袋取りし、槽で搾ります。

 

越後美人 槽しぼり

酒袋は、紐で縛らず、口を織って、段違い交互に

重ねていきます。

 

この日は今シーズン最終のしぼりとなりました。

 

越後美人 槽しぼり

レギュラーですが、華やかな香気が立ち込めていました。

 

蛇管機で火入れを行った熱酒を、タンクに収め、

そのタンクに背中を当て、温もりを感じることで

ようやく長い酒造りが終わり、ほっとする瞬間だそうです。

 

今年も様々なものがたらいがあったことでしょう。

 

心躍る酒が搾られましたよ!

 

越後美人しぼりたてのお酒のご用命は

美味しい新潟の地酒が買える店・・・立原商店[新潟・上越]

 

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


武蔵野酒造大吟醸造り

大吟醸の仕込みを拝見に、武蔵野酒造さんを訪れました。

 

蔵内に案内され、まず目にしたのが洗米作業。

 

精米したお米を洗うのですが、

熟練の蔵人が冷水に手を入れ、丁寧に洗っていきます。

 

武蔵野酒造大吟造り

洗米時間は、ストップウォッチをもった方の号令で

行われます。

手は凍るほど冷たく、腰を深く曲げてのきつい作業です。

 

見ているだけでも背筋が凍ります。

 

大変ご苦労様です。

 

武蔵野酒造大吟造り

こちらは、醪を管理している部屋です。

フロア―状になっており、安全に醪の管理が出来ます。

 

ここは温度が低いので、蒸した酒米や、洗米した酒米を

セットしています。

 

武蔵野酒造大吟造り

こちらは蒸米です。

 

武蔵野酒造大吟造り

冷たい部屋で冷やすことで、長い醗酵に耐えられる

外硬内軟な状態に仕上げます。

 

中に残る水分の加減で醗酵に大きく影響を与えます。

 

硬すぎても柔らかすぎてもいけません。

難しいところですね。

 

 

武蔵野酒造大吟造り

大吟醸の仕込みが行われていました。

隣同士で並べてあるタンク内に、それぞれ違う酵母で

仕込んであるそうです。

一つは、エキゾチックな華やかさがあり、もう一つは

穏やかで上品な香りです。

 

武蔵野酒造大吟造り

どちらも素敵な香りで、この先の醗酵によって

どのように変化していくのかとても楽しみです!

 

武蔵野酒造大吟造り

こちらは、洗米したお米を明日蒸かすので

その準備をしている状態です。

 

武蔵野酒造大吟造り

若い杜氏さんが、水分を調節しながら櫂を入れていました。

 

前杜氏さんから引き継いだ伝統の技を生かしつつ、

ご自身の想いをお酒に表現していただけたら嬉しいですね。

 

武蔵野酒造大吟造り

外は日差しが眩しい。

 

武蔵野酒造大吟造り

貯蔵蔵の中には、熟成中のお酒が納められています。

 

さて今シーズンの大吟醸酒はどんな仕上がりになりましょうか。

 

乞うご期待です(^^)/

 

武蔵野酒造さんの製品の中でも、当店が特におすすめして

いるのは、スキー正宗とスキー正宗入魂です。

 

全国的にも珍しい、カタカナの銘柄名で、

雪深いこの越後高田に、レルヒ少佐がスキーを教えて下さり

スキー発祥の地ということにちなんで、

この名をつけたと言われています。

 

スキー正宗は、晩酌で飽きの来ない柔らかな辛口のお酒で、

レベルが高いと思います。

 

スキー正宗入魂はワンランク上のお酒を価格を抑えて瓶詰め

した、香り高くふくよかな味わいのお酒です。

 

高田の地酒をぜひご賞味いただけたらと思います(^^)/

 

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

 

日本酒時々やわらぎ水を飲みましょう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/7PAGES | >>