calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

日本酒の造り方のお話

日本酒は、葡萄を原料としたワインと違い

お米のでんぷん質をぶどう糖に変えていく

高度で複雑な作業工程が必要となります。

 

勤勉な日本人だからこそ造り上げられた

世界の誇る技術です。

 

今回は、日本酒の造り方のザックリとした

流れが次のような形です。

 

まず玄米を目的のお酒に合った精米を行い、

洗米して、浸漬して、水切りを行い

蒸し上げます。

 

次に麹造りと発酵です。

 

お米の総体的なものから、麹用に約20%

酒母(お酒を造り出す微生物を育てる工程)用に5〜7%、

醪用に掛米として約70%をそれぞれ振り分けて使用します。

仕込み水も加えます。

 

出来上がった醪は、圧搾装置で酒粕と液体とに

分けられます。

 

2回に分けて熱処理されて瓶詰されるお酒もあれば、

1回だけ、行い貯蔵するお酒、そして

全く熱処理されないお酒もあります。

 

こうしてお酒は完成されるのです。

 

文章ではイメージしにくいですよね。

 

次回は細かくいきたと思います。

米麹造り

JUGEMテーマ:グルメ


コメント
こんにちは。
最近は、YouTubeなどに日本酒造りがアップされていますね。
微生物の織り成す神秘な世界ですね。(^^ )
コメントする