calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

酒米は蒸して使います

原料処理された酒米は、甑(こしき)という名前の

鉄窯で蒸し上げられます。

 

ご飯は炊飯器で炊くのですが、

酒米は蒸しあげたものを使用します。

 

下の和釜に、水がはられており、

床底に埋設されているバナーの火力で

蒸し上げるのです。

 

甑

こちらは、「越後美人」や「若竹」を製造している

上越酒造さんの和釜です。

歴史と趣を感じます。

 

吟田川の蔵

こちらも歴史を感じますね!

吟田川の代々菊酒造さんの和釜です。

 

蒸し上げ作業

こちらは「金鶴」 加藤酒造店さんです。

 

和釜の上に甑が配置され、約1時間蒸し上げられます。

 

酒米を蒸すことにより、デンプンを麹の酵素の作用をうけやすく

するような状態の、α化されます。

 

蒸し上げ作業

状態を保つために時間との戦いです。

 

掛米ようと、麹米用に振り分けられます。

 

蒸し上げ作業

暑いし、かなりの重労働です。

 

 

蒸し上げ作業

放冷機に投入し蒸米の温度を下げながら

外硬内軟な状態に仕上げます

 

蒸し上げ作業

急いで麹室に運びます。

 

適切な原料処理からのα化により、酒造りの重要な

場面なのです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


コメント
こんにちは。
酒造りは、重労働ですね。
苦労の分だけ美味しい日本酒が出来るのだと思います。
コメントする