calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

音楽は素晴しい

発想に行き詰ったら、普段聞いている音楽ジャンルを
変えてみると結構いけると思います。

最近ずーとジャズを聴いていたのですが、久しぶりに
クラッシクのモーツアルトを聞いてみました。

今回始めて気付いたのですが、音というのは耳で聞くというよりも
脳で聞くのが、いいんだな〜と思いました。

音のバイブレーションというのでしょうか!?
僅かな振動の刺激を脳に当てはめてあげると脳の中が活性化されて
いい刺激になります。

全く新しい発想がぽんぽん出てきました!

和太鼓もいいみたいですね!

音楽って素晴しいですね!!

美味しい新潟の地酒が買える店「立原酒店‐‐新潟・上越」


コメント
こんにちは。

そのとおり、音楽は素晴らしいですね!
私は比較的ジャンルごちゃ混ぜで、いろんな音楽を聴いています。
最近クラシックを腰をすえて聞いてないですね・・・。
モーツァルトでは、アイネクライネナハトムジークという曲が大好きです。
音楽はいいですね。モーツァルトを聴かせて仕込む酒があるようですが、胎教も含めてモーツァルトはいいと思います。モーツァルトは41曲の交響曲がありますが明るい曲が多くていいですね!

絶筆となったレクィエムは全曲完成しなかったのですが、何ともいえない雰囲気をもってますね。
  こんにちは

 モーツアルトいいですね。昨年生誕250年でしたっけ。
なので去年の着メロは、チカさんが言ってた、アイネでした。

 オーディオも一時こっていましたが、最近は車で
ユーミンや小椋桂を聞いています。

 宝くじ(買ってないけど)が当たったら
JBLのスピーカーで、メリハリの聞いた
パーカッションを聴きたいですね。

 記事にもアンカーテキスト入りましたね。
みんな少しづつ前に進んでいるのが、うれしいです。
がんばりましょうね。
こんにちは。
私は、色んな音楽聞きますね。
昨年は、行動を見ましたし、今年は、B'zに、仙台フィル。
音楽は良いです。(^_^)
チカさんこんばんは。

<モーツァルトでは、アイネクライネナハトムジークという曲が大好きです。

>自分は曲名までは詳しくないもので・・。
それでちょっと確認してみましたら、今お気に入りで聞いている曲がまさに、若き日のカラヤン、モーツアルト
『アイネクライネナハトムジーク」でした!!

違和感が無く清々しいメロディーですね。
  • たっちょん
  • 2008/06/25 9:25 PM
線翔さんこんばんは。

<絶筆となったレクィエムは全曲完成しなかったのですが、何ともいえない雰囲気をもってますね。

>さすが線翔さんは、幅が広いですね!!
さっそくレクィエムを調べて聞いてみたいです!
  • たっちょん
  • 2008/06/25 9:27 PM
こんばんは
何も考えなくても、音楽は聴くだけで色々な世界に連れていってくれますね。
>全く新しい発想がぽんぽん出てきました!
おお!それは素晴らしい(^^)/
こんばんは。
モーツアルトですか!良いですね。確かお店に行った時にお店の中に置いてあったジャズCDがほとんど私の持っているCDと同じでした!私も本来はクラシックなのですが最近聴くのはジャズが多いですね!クラッシクならシュポアの曲が良いですよ。日本ではあまり有名ではないですが、時代的にはベートーベンの時代でしょうか。特にピアノ三重奏曲はベートーベン以上とも言われていました。
こんにちは

私も音楽大好き!!

何でも聴きますが、クラシックならショパンが好きですね〜

今は、B'sと嵐を聴いています
コーチャンさんこんばんは。

コーチャンさんだったらこだわりますね!

いいスピーカー持っていられるんでしょうね!

そしてまたカーステもこだわってられそうですね!
あいさんこんばんは

鼓動を間近で体感できたらしびれるでしょうね!

確かにいろんなジャンルを聞くと五感がさえてくるような気がします。
Muさんこんばんは

クラッシックの場合もそうですが、
集中して聞くと違うような気がします!

Muさんもそうしたら更にすごい達人の口になると思います。
シゲさんこんばんは

ご来店いただいたときにお会いできず、今でも
残念に思っています。

ジャズの好みが同じということで、嬉しいですね〜。

またクラッシックならシュポアの曲ですね!
私も知りませんでしたが、絶対に聞いてみたいですね!!
bくまさんこんばんは!

音楽最高ですよね!

嵐がすきなのですね!
魅力的なユニットですね!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック