calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

酒米について

ご存知の方もいられると思いますが、
おさらいとして聞いていただけたら幸いです。

清酒の中には、本醸造酒とか、純米酒とか
吟醸酒などといった表記がされているお酒もありますが、
これはどんな風にして分けられているのか。
そんなお話をさせていただきます。

清酒造りの工程の中で、精米といったことを
行います。

お米の中心部には、良質なでんぷん質があり、
逆に外側には清酒造りに不要な
脂質やたんぱく質があります。

一般的には、この不要な部分を取り除き、
中心の良質なでんぷん質を
使って低温でじっくり醸し上げることで、
香りのいいすっきりとしたお酒が出来上がります。

このお米を磨くことを『精米』といいます。

本醸造酒から、大吟醸酒までの特定名称酒は、
まずはこの精米の比率によって
分けられます。

本醸造酒・純米酒は、精米歩合が70パーセント以下
特別本醸造酒・特別純米酒は60パーセント以下
吟醸酒は60パーセント以下
大吟醸酒は、50パーセント以下

大吟醸酒になると外側の半分を削ってしまい、
中心のピュアなでんぷん質で醸すのです。

酒米
これは、高嶺錦の玄米と、60パーセントまで磨いた
ものです。
吟醸酒と表記できるほどの磨きですが、
普通純米酒に使われています。

酒米
こちらは、越淡麗種の玄米と40パーセントまで磨いた
ものです。
まさにお米のダイヤモンド!
100万円はしませんが、輝いています(^^)/

同じようにお酒を醸そうとしても、磨いた酒米を使うことは
それだけ沢山の量を使用しなければならず、
コストがかかるため高級酒となります。

新潟の蔵元は、30年ほど前から、消費者の方々に
普通酒クラスのお酒を、吟醸酒並に磨いた酒米を
使用し醸し上げるといった、取り組みを行ってきました。

清酒造りの中で、美味しいお酒を造るための、
この精米歩合といった要素は、ほんの一つにしか
ありません。

まだまだ沢山の工程があり、清酒は出来上がるのです。

お米作りから考えますと、さらにすごいことが想像されますよね。

神棚にお供えし、神様に捧げるお酒ですから、
其れだけ、尊いお酒なわけです。

現代は、殿様が飲んでいたお酒よりも遥かに
おいしいお酒を楽しめちゃうのですから、
幸せですよね(^^)

そう考えますと決して高いものではなく、
一生懸命働いて、自分へのご褒美に味わい
英気を養う最高のお酒だと思います。

JUGEMテーマ:日記・一般

千代の光酒造さんへ今シーズンの酒造りを拝見に行きました

朝から快晴の先月末に、妙高市にある千代の光酒造さんへ
今シーズンの酒造りを拝見に伺いました。

千代の光酒造さんは、県内でもトップクラスの
精米の高さを誇り、価格を越えたレベルの高い
酒造りを行い、地元の熱い支持を受けている
蔵元です。

そんな千代の光酒造さんに、息子さんである
剣一郎さんが入社し、彼自身が目指す新しいタイプの
酒に向けて奮闘しています。

本来日本酒が持つ、甘さや、酸味、ほのかに感じる渋みなど
様々な魅力、可能性を引き出した酒造りに挑戦し、
自身の頭文字をとった、『K』シリーズを発売しました。

今までにはない千代の光の新たなスタイルを
発信し注目を浴びています。

そんな千代の光酒造さんの取り組みを拝見したく
お邪魔した次第であります。

千代の光酒造
吸い込まれるような青い空。
オートバイで来ればよかった。

千代の光酒造
近場の高い山は銀色に輝いています。
やっぱり寒いです(>_<)


千代の光酒造
千代の光酒造さんに到着。
朝日を浴びる蔵の雰囲気が素敵です。

千代の光酒造
蒸米が蒸しあがりました。
蔵内を漂うこの癒される香り、うっとりしますわ(^^)

千代の光酒造
こちらはお酒を搾る最新の搾り機。
遠心分離機です。
県内でもとても早く導入されました。

袋を使って縛るのではなく、遠心力の力で
搾るのです。
これによってよりピュアなお酒が搾られるようですね。

回転数は、1分間に2500回転

もろみを60L入れて30Lとれるのです。
これをとるのに35分もかかります。

つまり少ない量しか搾られず、時間がかかるデメリットもあります。

味に関しては旨みが薮田式や手しぼりと違い、
よわいようで、適度な熟成時間が必要なようです。

千代の光酒造
片桐杜氏。

穏やかで、優しいお人柄。
勤勉で尊敬します。

今年のお酒は、水分が多く溶けやすいので、
蒸かしが重要なようです。

自然なものを使って造るのですから、
毎年毎年1年生ですね。

伝統を残しながらも新しい取り組みに挑戦し続ける
蔵元に大きな期待を感じました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

『金鶴純米活性にごり酒』待望の入荷!!!

この日が来るのを待ちに待っていました!!

海の向こうの佐渡ヶ島より、船に揺られて
やってきてくれました(^^)

今年の出来立てほやほや、
しぼりたての純米活性にごり酒です。

元気な醪を瓶に詰め、マイナス5℃で鮮度を落とさずに貯蔵。

金鶴純米活性にごり酒
活性にごり酒ですが、原酒ではなくアルコール度数が15度なので
丁度いい飲み易さなのです。すっきりとしたやや辛口タイプで、
さっぱりといただけます。

金鶴純米活性にごり酒
キャップを回すと『シュッ』と音がして
数秒遅れて炭酸が上昇してきました。

金鶴純米活性にごり酒
瓶を振らなくても、底からもろみが浮き上がってきます。

これですよこれ(^^)

金鶴純米活性にごり酒
口に含みましたが、炭酸具合といい、果実のような香味で
すっきりとしています。

にごり酒はちょっとな〜という方に、お酒は苦手な方に
このお酒をぜひ味わっていただきたいです。

きっと観念が変わると思います。

何を隠そう私自身そうでしたからね(^◇^)

720㎖ 1400円  1.8L 2750円
好評発売中です。

金鶴純米活性にごり酒のご用命は、
立原酒店[新潟・上越]

ぜひお楽しみくださいませ。

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

日本酒時々やわらぎ水を飲みましょう!
 
JUGEMテーマ:グルメ

地元上越高田「妙高酒造」さんで飲み切り

毎年この時期に、酒蔵では飲み切りが行われます。

飲み切りとは、酒造期に造られたお酒や過去につくられ
貯蔵していたのお酒などの、熟成具合を見るため
醸造試験所の先生を招いてそれぞれのお酒を、
確かめていただきます。
一番重要な目的は、火落ち菌が発生していないか
を確認します。
利き酒を行いますが、勿論成分分析も行われます。

私も声をかけられ、飲み切りを行わせていただきました。

妙高酒造飲み切り
30種類くらいのお酒を利き酒していきます。
色や香り、熟成具合を確認します。

妙高酒造飲み切り
全般に若い酒が多く、初々しい香りが爽やかです。

妙高酒造飲み切り
味わいがのっているものや、この先どのように変化するのか
期待大のお酒もあります。

私個人的には、越乃雪月花シリーズの本醸造と純米酒が
柔らかでいい仕上がりに感じました。

利き酒を終えて、試験場の先生より総評いただきました。
評価が高く、杜氏さんもほっとした様子です。
続いて社長さんからお話がありました。
妙高酒造はオーソドックスな酒を造りながらも、新しいジャンルの
お酒に挑戦しているということです。
料理や食材を意識したお酒に挑戦されていますが、
まだまだこれから改良していかれることでしょう。

毎年貴重な体験をさせていただき感謝ですね!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

吟醸酒の香りについて

今日の高田は、めちゃめちゃ気温が上昇しました。

初夏ではなくまさに真夏の暑さです。
日差しが半端なく、
海水浴でもよさそうな暑さですわ。

充実した一日の後に、夕方の涼しくなった頃を
見計らって、夏野菜を肴に冷酒をキューっと
いかがでしょうか!

ビールでのどを潤し、そのあとはスローに日本酒が
いい感じだと思います。
季節限定酒の中でも、吟醸系のお酒は、
香りも華やかで、とってもすがすがしいお酒です。

オシャレなグラスで香味を楽しんでいただきたいです。

さて、お米から作られる日本酒ですが、この吟醸酒の
放つ果実の様な香りは、いったいどこから出るかと思いませんか?

勿論香料を添加したわけではありません。

吟醸酒を分析すると、酢酸イソアミルやカプロン酸エチル
など、有機エステルと呼ばれる成分が検出されます。
これらはバナナや洋ナシなどの果実に香りの成分として
実際に含まれる同じ物質なのです。
では原料がお米なのに、いったいどこからくるのでしょうか?

それは、酵母という微生物が、醗酵中にアミノ酸や
脂肪酸などを材料にしてこれらの香り成分を
生成するようです。

より磨いたお米を使い、低温で長期醗酵させることによって
酵母がより果実香を出すということが科学的に
裏付けられています。

杜氏さんたちは、長年の経験と勘で、様々な条件の中、
酵母の特性を理解し、果実香を多く生成させる方法を
編み出してきたのでしょう。(一部醸造試験場資料参考)

醪の醗酵
開放型、醪発酵タンク。

色々な種類の酵母によって、香りのタイプが分かれます。
酢酸イソアミル系の香りは、青リンゴやバナナ、パイナップル
系で、カプロン酸エチルは、メロン系の香りです。

蔵元によって酵母を使い分け特徴を出しています。

酢酸イソアミル系は、爽やかなすっきり系のお酒が多く
カプロン酸系はボディーのどっしりとしたタイプでしょうか

金鶴本醸造生酒
ちなみに、当店一押しの夏限定酒「金鶴本醸造生酒」は
酢酸イソアミル系で、バナナやパインのような香味を感じます。

程よい酸があり、なめらかでジューシー。
かすかに炭酸ガスを感じるフレッシュ感が
最高です。

夏のひと時ぜひほろ酔っていただきたいと思います。

金鶴本醸造生酒 720ml 1250円(税込)
好評発売中です。

金鶴本醸造生酒のご用命は・・立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

日本酒時々やわらぎ水を飲みましょう!

JUGEMテーマ:日記・一般

当店おすすめのお酒連休期間中『店頭試飲販売』行っています!!

ゴールデンウイークも後半に突入しました。

今日も高田はお天気が良く、日中は暑いくらいでした。

連続して続いたお天気も明日はちょっと
お休みのようですね。

上越に帰省もしくは観光に来られていらっしゃるようでしたら
ぜひ当店にお寄りください。

近くには、昔ながらの町家があったり、日本最古の映画館があったりと
楽しめるところもございますので、そのついでに
当店に寄っていただき、お酒の飲み比べ等をしていただいたら
楽しいと思います。

当店おすすめのこの時季だけの限定酒は、
試してみる価値ありですよ!

お茶飲んで一服していってください。

春限定おすすめ三種
今回ご用意しているお酒は、高田の南本町にある
妙高酒造さんの越乃雪月花純米大吟醸生原酒です。
このお酒は、雪月花シリーズの最高峰の醪を立原酒店四代目
店主である私自ら、袋で丁寧に手しぼりしたお酒です。
品格のある香り、味わいがあるのですが、後味がとても爽やか。
清々しくすっきりとしています。
続いて、柿崎区の人気銘柄「吟田川」の最高峰のお酒
「氷の雫」です。720ml 2880円【税込】
こちらも蔵人が丁寧に手しぼりしたお酒で
吊るして滴る雫を集めました。使用する酒米は、最高級酒米
「山田錦」。40パーセントまで磨き上げ、低温で
長期醗酵させました。
とびぬけた香りと、果実のジューシーさがありますが、
吟田川らしい綺麗な酸が、全体を引き締め、
後味がとても爽やかです。今年の出来は素晴らしいですね。

続いては、私が惚れた佐渡の酒「金鶴」の本醸造の生酒です。
720mlで、1250円【税込】 1.8L 2500円【税込】
3月中旬に搾った直後に瓶詰めし、鮮度を落とさないよう
マイナス5度の冷凍コンテナーで貯蔵しました。
この季節にこれだけフレッシュなお酒を楽しめるのは
すごいことです。蔵元の実直な努力を
強く感じます。
味わいは、果実香豊かで雑味がなくとてもなめらか。
この価格帯でこれだけクオリティーの高いお酒を
探す方が難しいと思います。店主べたぼれの一本です。

春限定おすすめ酒
続きましては、豊かな自然に囲まれた妙高市猿橋地区で
この蔵自慢の湧き水を生かした、やわらかでほのかな甘さが
人気の「鮎正宗」
定番酒品もおすすめですが、変わったところで、活性にごり酒が
おすすめです。
シャンパンの様な発砲清酒で、甘く爽快感があります。

今シーズン最終の醪が元気のいい時に造られます。
お酒の苦手な方にもおすすめです。

続きましては、吟田川の純米吟醸無濾過生酒。
こちらもきれいなリンゴ酸があり、旨みと調和して
和食を越えた洋食にも相性がいいです。

最後に、ご紹介するのは、限定酒ではないのですが
私のお気に入りの一本「金鶴」の吟醸酒です。
今シーズンの造りから酵母を変更し、
香りを引き立たせました。
香りだけではなく、味わいもしっかりあるので、
とても楽しめます。
金鶴らしい淡雪の様な口どけも楽しめる一本です。

実際に飲み比べていただくことで、新しい発見や出会いが
あると思いますので、この機会にぜひお試しくださいませ!!

連休中は、午前7時半から夜7時半まで営業して休まず営業しています。

皆様方のご来店をお待ちしています。

創業明治 地酒とイタリアワイン 立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

JUGEMテーマ:グルメ

金鶴 本醸造生酒 待望の新発売です。

上越高田地区で明治43年ころより、商いをさせていただいております
立原商店四代目店主です。

店主が惚れた佐渡の酒「金鶴」の季節限定酒が発売されました。

4月16日の到着日を、幾日も前から心待ちにしておりました。

そしてついに、クール便で到着しました。

青い文字の金鶴です!

今シーズンの造りの最後に出来た醪を3月10過ぎ頃に搾り、
炭素濾過をせず、生まれたての味わいをそのままに瓶詰めし、
新鮮さを保つため、マイナス5度で厳密に冷蔵管理されました。

この時季に、フレッシュなお酒をいただけることは
特別なことです。
蔵元には大変ご苦労された事と思われます。


金鶴 本醸造生酒
金鶴 本醸造 生酒 720ml 1250円【税込】
          1.8L  2500円【税込】
日本酒度:+4.3
酸度:1.8
アルコール度:16.6% 

早速味わってみました。
アタックに炭酸ガスを感じる鮮度の良さ、口の中で転がすと
香味が広がり、一点の雑味もなく、終始なめらかで、
心地よい余韻を残しながらも雪解けのようにふわりと消えていきます。

これほどまでの素晴らしい仕上がりには驚きました。

まさに心躍るうまさです。

口当たりものどごしもよいので、ついつい飲みすぎてしまいます。

加藤酒造店の池田杜氏を筆頭にした蔵人たちの情熱と向上心
そして高い技術力に敬意を表します。

やはりチームワークがあってこそこういったお酒が造りあげられるのだと思います。

連休から初夏に向けて、最注目のお酒です。
数量限定ですから、お早目目にどうぞ。

金鶴本醸造生酒の販売は・・・立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。 当店では未成年者には酒類を販売しません。

JUGEMテーマ:グルメ

バレンタインデーにおすすめです

もうすぐバレンタインデーですね。

バレンタインデーのプレゼントは、
チョコが主流ですが、チョコがあまり得意でない方に
何かプレゼントをとお考えの方には、
美味しいお酒はいかがですか!

友チョコならぬ、友SAKEってのもありかと思います。

そんなわけで企画してみました。

バレンタインデーに友酒いかがですか
当店一押しのレアな酒「金鶴」のワンカップ2本
のチョコレート付きのセットです。

バレンタインデーに友酒いかがですか
女将の手書きポップ付きです。
500円【税込】
お酒付なら最高にうれしい義理チョコ代わりかと思います。

その他にも、今月14日までの期間中は、ラッピングと
ひと口チョコをサービスいたします。

ぜひお気軽にどうぞ(^◇^)

立原酒店[新潟・上越]

お酒は20歳になってから。当店では未成年者には酒類を販売しません。

JUGEMテーマ:グルメ

佐渡で酒造り

朝食をいただく前に沢根の街をウオーキング。

ほとんど人が歩いていませんでしたが、
新聞配達のオートバイが、普通に走っていたので
びっくりです。
路面は凍ていますから。
道の先がカーブだったので、どうコーナーを抜けるのか
見守っていました。
上手に走っていきました。すごいですね(^^)

佐渡の朝
こちらこそコケないように、ソクソクと歩いていきます。

佐渡の魅力が凝縮されたぬくもりの朝食をいただき、
蔵に向かいます。

金鶴酒造り
蒸し釜からは蒸気が上がり、蔵内は蒸した酒米の
やさしい香りが漂います。
癒されますね〜。

金鶴酒造り
この窯の中には、用途によって違う酒米が、何層か
荒布で仕切って用意されており、それらをまとめて
蒸し上げられます。
純米酒の米麹用の酒米もあれば、吟醸用の掛け米用のものもあり、
普通酒の麹用のものもあります。

色々な種類のお酒を、並行して造っていますから、
こういった形になるのですね。
仕込み総量は800キロほど。
蒸し上がりが待ち遠しい。

金鶴酒造り
いよいよ出来上がりました!
急いで放冷機に投入します。

金鶴酒造り
蒸気があついのなんの。大変な作業です。

金鶴酒造り
水分を含んでいますから、総重量は一トンほどの
蒸米を投入するのですよ。
腰がめちゃめちゃ痛くなる重労働ですね。

金鶴酒造り「蒸米」
蒸した酒米を餅状にして、いただきました。
酒米は米食用と違って、パサパサしています。
美味しい酒造りを行うため外硬内軟に、蒸し上げますから、
噛み応えあります。

ねばねばしていたら、本当の餅になってしまいましから、
手入れ作業は難しいですよね。
 
JUGEMテーマ:日記・一般

盛り上げていただきました。

お酒を楽しむ会を行いました。
今回は音と酒を楽しむ。

皆さんの笑顔が、最高ですね。
 
酒と音の会
知らない方同士がお酒と音楽を通して、いつの間にか
結ばれていく。
お酒も音楽と音楽が持つ力というものは、偉大ですね!

酒と音の会
参加者の方の中には、懐かしいCDラジカセとカセットテープを
もってきてくださった方もいまして。
まさにレアものですね。

酒と音の会
昭和を感じますね〜。

酒と音の会後片付け
最後は皆様から片付けまでお手伝いいただき、
感謝感謝です。

大変盛り上げていただき、元気をたくさん頂戴しました。

これに懲りずまたよろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:日記・一般
 

<< | 2/5PAGES | >>